だいたいのことが解決できるブログ

職場・恋愛・プライベートの人間関係で役立つような心理学の情報などを発信していきます。

第一印象は後々まで残る/力不足を権威で補う!!

 はじめに

このブログでは、みなさんのコミュニケーションの役に立つような相手を説得させるための心理的テクニックをご紹介しています。

今回も、その続編としてコミュニケーションの心理的テクニックをご紹介していきます。

 

権威は絶大

https://i1.wp.com/bvb-arigato.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/belief_1518109655-e1518109666928.jpg?zoom=2&fit=640%2C427&ssl=1

人は偉い人、権威のある人にひれ伏してしまいますよね。

裏では、なんとも思っていなくてもいざ、目の前にしてみるとへこへことしてしまいます。

自分よりも大きいものや強いものに逆らわないのが大多数だと思います。

なので、権威を偽装してひとを説得するのはすごく効果があるのです。

実際はどうであれ、権威を偽装することは簡単なのです。

今回からは、そうした価値のあるイメージを作り出して、相手に信じさせて思い通りに操るテクニックをご紹介していきます。

 

1.第一印象は後々も残り続ける

http://studyhacker.net/wp/wp-content/uploads/images/2017/01/AdobeStock_92634260-640x336.jpg

 TVのコマーシャルを見ていると、CMの最後に企業名やブランド名クォ出す企業が大半を占めています。し香椎、心理学的にいうとこれは間違っています。

 

サンディエゴ州立大学の心理学者、ウィリアム・ベイカーは244名の学生を対象に、ガムや洗剤などのCMを見せて、ブランドネームをだすタイミングについて調査を行いました。

その結果、ブランドネームがCMの最初にでた場合の好感度は60.6点、CMの最後に出た場合は56.1点、最初と最後に出た場合では55.1点でした。

 

これは心理学で「初頭効果」と呼ばれるものです。

私たちは1番最初に触れたもの、接したものに、より強い印象を持ってしまうのです。

 

その諸王子に、詐欺師たちはこの原理を利用して、出会い頭に権威を見せつけることを常套手段としています。

 

たとえば、1985年の豊田商事事件がその例と言えます。

この悪徳商法事件が爆発的な広がりを見せた背景には「豊田商事」という社名が大きく関係していた言われています。

 

トヨタの名前を名乗ることで、あたかも世界的自動車像を持たせて、被害者たちを信用させていたのです。

そのため、彼らの出会い頭に「トヨタ商事の〇〇と申します」と社名を名乗り、被害者たちに強い印象を与えていたともいいます。

 

なのであなたも、これからは開口一番に「〇〇商事です」「東大出身です」といった権威付けできそうな言葉から自己紹介をすれば、初頭効果で権威づけが期待できます。

 

なんの権威もない人でも、最初にありとあらゆる経歴や経験を自信満々に並べ立ててみてください。

それだけで、そのあとの印象を大きく変えれことができるのです。

 

まとめ

「初頭効果」によって、最初に入って来た情報が最も強く記憶に残りやすいので、とにかく第一印象をよくすることが重要。

 

2.力不足は権威で補う!

http://sugoude-chiryouin.com/wp-content/uploads/2017/10/PAK42_udewokumubiz20131223_TP_V-304x203.jpg

権威というものは、雲の上の存在であなたの人生に全く縁のないものというわけではありません。

有力な政治家、著名な科学者、IT長者など、あなたが知る限りの権威は実はその力を利用できる力強い味方なのです。

 

たとえば、会議であなたの主張がなかなか通らない場合、「これには社長も同意しいています」と一言たすだけで、議論の流れは一気に変わってしまいます。

 

こうした虎の威を借る行為は、あらゆる場面で使えますし、その効果は抜群です。

 

例を挙げると「ドラッカーも言っているようにマネージャーは・・・」

「これはスティーブ・ジョブズの言葉なんだけど・・・」などと説明をすれば、その説得力は抜群です。

これを心理学では「権威効果」と言います・

 

テキサス大学で広告学を研究しているパメラ・ホーマーは、男女234名の大学生を対象に、次のような面白い実験を行っています。

 

スキンケア商品の広告を作成し、そこに記されている文章を2パターン用意します。

1つが、会計士が推奨という内容の文章をで、もう一方がスキンケアの専門家が推奨しているという文章を記しました。

そして、どちらの広告に説得力を感じたか聞いてみると、スキンケアの専門家が推奨している広告の方が、説得効果が高いという結果でした。

 

会計士も権威の一つであることは間違い無いのですが、お門違いだったのです。

つまり、権威効果を狙う場合には、なるべく話の内容に合致した人物を使うことが必須です。ビジネスの話をしているときにスポーツ選手の言葉を持ち出したところで効果は期待できないのです。

 

まとめ

権威を持ち出すと説得力が増す。これを「権威効果」と呼ぶ。

 

参考・引用

図解一瞬で人を操る心理法則 [ 内藤誼人 ]

価格:1,028円
(2018/3/1 06:59時点)
感想(0件)

 

今回はここまでです。

心理学のテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する心理学の情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

前回までの記事

 

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心理学に関する本

「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

価格:842円
(2018/2/24 17:45時点)
感想(0件)

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)