だいたいのことが解決できるブログ

職場・恋愛・プライベートの人間関係で役立つような心理学の情報などを発信していきます。

選べる数で人の欲望は変わる/褒めまくれば好かれる!

 はじめに

このブログでは、みなさんのコミュニケーションの役に立つような相手を説得させるための心理的テクニックをご紹介しています。

今回も、その続編としてコミュニケーションの心理的テクニックをご紹介していきます。

 

暗示でひとを動かす

http://re-sta.jp/wp-content/uploads/2017/08/shutterstock_481446040-300x210.jpg

催眠術師のように人を操ることができたら良いなと思った事はありませんか?

じつは、そんな事が暗示をかける事でできてしまうのです。

暗示をかけるなんてプロの人じゃないと難しいんでしょ、と思っている人も多いと思います。

しかし、 人間に暗示をかけることは簡単なことなのです。

というのも、そもそも人間は思い込みをする生き物だからです。

今回からは、誰でも簡単に使える暗示のテクニックをご紹介します。

 

5. 選べる数で人の欲望は変わる

http://cool-father.com/wp-content/uploads/2016/05/140612whattodo1-thumb-1280x720-76081.jpg

人は、たとえ選択肢の数が変わっても、自分が真に欲するものをを選ぶのでしょうか。あるいは、選べる数が変わるだけで、自分の欲求を抑えてしまう事があるのでしょうか。

 

これは、選択肢の数の違いで人の志向が変わるかと言うテーマの研究です。

 

スタンフォード大学のアナ・セーラ博士は学生に対して、カロリーの高価そうなスイーツと、ヘルシーな果物の写真を見せて、どちらを食べたいかを選ばせました。

 

そのときに、6種類のスイーツと6種類の果物の計12種類の中から選ばせた場合には76%が果物を選んだのに対して、選択肢を2種類ずつのスイーツと果物に減らした場合には、55%しか果物を選ばなかったのです。

つまり、選択肢が多いほど、ヘルシーな果物のほうを選びました。

 

私たちは選択肢が多い場合、自分の選んだ物を正当化するために、より「善」だったり、、より「美徳」と思われるものを選ぶ傾向があるのです。

つまり、本能的に欲しているものに忠実なのです。

 

ここから、相手に本能が望むままの快楽を選んでもらいたいとき場合には、選択肢を極力少なくすれば良いと言う事がわかります。

 

たとえば、今夜こそ彼女を落としたいという男性に対しては、デートに色々なイベントを用意しないように忠告します。

食事も映画も買い物もあったら、彼女は無難なものから選んでしまうのです。

 

しかし、映画かホテル、この選択肢しかない場合、彼女は本心から望むことを選んでしまうのです。

 

まとめ

選択肢は人の志向は変わる。 快楽のままに選んでもらいたいときは選択肢は少なくすること。

 

6.褒めれば褒めるほど好かれる

http://any-stress.com/wp-content/uploads/2013/09/praise_comp.jpg

相手の気を引くためにはとにかく褒めることです。

しかし、ゴマスリは苦手だし、嘘はつきたくない。さらには、どこも良いところが見当たらない。

そんな人には、次の褒め方を紹介しておきます。

 

ワシントン大学の心理学者、フランク・スモールの実験レポートをご紹介します。

リトルリーグの子供たちを8人のコーチたちが指導します。

そして、シーズン終了後に試合の勝率を測定するのですが、子供たちの努力を褒めつつ指導したチームは、勝率が52.2%でした。これに対して、褒めずに指導するチームでは、勝率が46.2%にとどまったのです。

 

さらに、努力をして褒められた子供達は、野球が楽しく、コーチが好きで、自分に自信があるという回答したのです。

 

ここで重要となるのは「努力を褒める」点です。

試合に勝ったら褒める、ホームランを打ったら褒めると言うやり方では、褒める回数は限られてしまいます。

しかし、努力してい姿勢をほおめるのであれば、いつでも何回でも褒める事ができるのです。

 

なので、職場なんかでも結果ではなく、その過程、つまり努力を褒めるようにしましょう。

 

これならどんなに成績の悪い部下でも一つくらいは褒める事ができますし、思ってもいないことまで口にする必要もありません。

 

そして、特に努力をしてしていない部下にも「頑張っているな」と褒めてあげることで、逆に部下も「頑張らなきゃ」という気を起こすのです。

 

相手が謙遜してきたら、もう一度「いや、それはすごいことだよ」と褒めてみましょう。

すでに相手はあなたの虜になっています。

 

まとめ

秘める回数は多いほど良い。結果ではなく、過程を褒めることで、いつでも何回でも褒めることは出来る。

 

参考・引用

図解一瞬で人を操る心理法則 [ 内藤誼人 ]

価格:1,028円
(2018/3/1 06:59時点)
感想(0件)

 

今回はここまでです。

心理学のテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する心理学の情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

前回の記事

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心理学に関する本

「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

価格:842円
(2018/2/24 17:45時点)
感想(0件)

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)