だいたいの人間関係が解決できるブログ

職場・恋愛・プライベートの人間関係で役立つような心理学の情報などを発信していきます。

人が動く心理学テクニック③

 はじめに

このブログでは、みなさんのコミュニケーションの役に立つような相手を説得させるための心理的テクニックをご紹介しています。

今回も、その続編としてコミュニケーションの心理的テクニックをご紹介していきます。

 

心理テクニック大作戦

http://img-cdn.jg.jugem.jp/a06/3241263/20150503_322770.jpg

前回までは、心理テクニックの概論を説明してきましたが、今回からは法則について説明して行きます。

 

すでに古典的に確立されている有名な心理法則はもちろん、最新の心理法則までも解説していきます。

どれも幅広く支持されている法則ばかりですので、実際の効果もかなり高いものたちばかりなのでご期待ください!

 

5.アンダードッグ効果

https://kyabapedia.com/cms/wp-content/uploads/2017/06/1f5a4b04378c18d39bde7cf74bcc359f.jpg

あなたはどのような人に惹かれますか?

強い人、才能豊かな人、偉大な人などさまざまだと思います。

しかし、そうゆう人たちばかりに惹かれる訳ではないのです。

むしろ、そういう人たちは近寄りがたい印象を与えてしまい、共感対象とはなりえないことのほうが多いのです。

 

心理学では、あえて自分の弱さをアピールすることで相手の共感や同情を引き出すテクニックがあるのです。

 

それが「アンダードッグ効果」と呼ばれるものです。

 

アンダードッグとは「川に落ちた犬」のことで、落ちた犬を叩くことはないことわざからきています。

 

例えば、上司に怒られて落ち込んでいる同僚を前にして、わたし達は大きく2つの大きな感情を抱きます。

 

1つ目は、「その気持ちわかるよ」という共感。

2つ目が、「可愛そう」という哀れみです。

 

相手に共感すると、わたし達は簡単に心の扉を開きます。

そして、相手を受け入れたくなるのです。

 

また、相手を哀れむときに、そこにはうっすらとした優越感が芽生えます。

一部の慈善活動家に違和感を感じてしまうのは、この優越感が透けて見えてしまっているせいなのです。

 

このように相手を受け入れて、しかも優越感まで抱いてしまうと、もはや反発の気持ちはなくなってしまうのです。

 

アメリカのリッチモンド大学の心理学者、ロバート・A・ジャカロンは、あるプロジェクトマネージャーについての紹介文を、大学生に読ませて評価を求めました。

 

このうち、紹介文に「わたしはこの分野に弱いが」と、自分の弱さをアピールする文章が入っていると、好意得点が7点中4.92点となり、弱さのアピールのない文章だと7点中3.88点だったのです。

 

 部下や後輩に対しては強さのアピールが有効ですが、上司や異性との関係においては適度の弱さのアピールもしておくのが効果的でしょう¥。

相手に応じて使い分けてみましょう。

 

まとめ

弱みを見せると相手から同情を引き出せる。同情を得ることができれば、こちらの要求も通りやすくなる。

 

6.行為の返報性

http://kisotu.com/wp-content/uploads/2016/08/2016062305.jpg

あなたの周りにも誰からもすかれているような人気者が1人や2人はいますよね。

 

そんな人たちの中に、どうして好かれているのかわからないひとはいないでしょうか。

容姿が良い訳でもない、話が面白い訳でもない、仕事ができている訳でもない。それなのになぜか、多くの人からすかれているという人です。

 

一見すると、彼には人を惹き付けるような魅力は何もありません。

しかし、彼は強力な武器を持っているのです。

それはとにかく人が好きという点です。

 

例えば、あなたが誰かのことを好きになれば、その好意はそのままあなたに返ってきます。

その人気者もみんなの事が好きだから、みんなに好かれるのです。

 

心理学ではこれを「好意の返報性」と呼びます。かなり有名ですよね。

 

これは、こちらが好意を示せば、相手もこちらに好意を示しやすくなるという法則です。

好意とは一方的なものではなく、相手からも返ってくるものなのです。

 

ノース・イースタン大学のジュディス・ホール博士は、病院に通っている70歳以上の男女530名を対象に、「担当のお医者さんにどれくらい好意を持っているか」という調査をしました。

 

そして、同時に医師に対しても「それぞれの患者さんにどれくらい好意を持っていますか」と聞きました。

 

すると医師からすかれている患者さんほど、その医師に好意を抱いていることがわかったのです。

まさに好意の返報性の法則ですね。

 

恋愛においても、今まで意識した事がなかった人に告白されたとたんに、その人の事が気になりだして、いつの間にか好きになってしまっていたという話をよく聞きますよね。

まずは、自分から好きおという意思を伝えることが大事なのです。

 

まとめ

好きになってと求めるのではなく、相手に好意を与えることによって初めて相手からも好意が返ってくるのです。

 

参考・引用

図解一瞬で人を操る心理法則 [ 内藤誼人 ]

価格:1,028円
(2018/3/1 06:59時点)
感想(0件)

 

今回はここまでです。

心理学のテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する心理学の情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

前回までの記事

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com

kmdfd483.hatenablog.com


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心理学に関する本

「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

価格:842円
(2018/2/24 17:45時点)
感想(0件)

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)