だいたいのことが解決できるブログ

職場・恋愛・プライベートの人間関係で役立つような心理学の情報などを発信していきます。

人が動く心理学テクニック②

 

はじめに

このブログでは、みなさんのコミュニケーションの役に立つような相手を説得させるための心理的テクニックをご紹介しています。

今回も、その続編としてコミュニケーションの心理的テクニックをご紹介していきます。

 

心理テクニック大作戦

http://img-cdn.jg.jugem.jp/a06/3241263/20150503_322770.jpg

前回までは、心理テクニックの概論を説明してきましたが、今回からは法則について説明して行きます。

 

すでに古典的に確立されている有名な心理法則はもちろん、最新の心理法則までも解説していきます。

どれも幅広く支持されている法則ばかりですので、実際の効果もかなり高いものたちばかりなのでご期待ください!

 

3.フット・イン・ザ・ドア

http://ao-12.com/wp-content/uploads/2017/10/maxresdefault-1024x576.jpg

今回紹介する作戦も古典的な心理作戦ですが、前回のフェイス・イン・ザ・ドアテクニックとは反対に、最初は誰でも受け入れられる要求を出して相手の領分に足を踏み入れてから少しづつ要求を強める方法です。

このテクニックを「フット・イン・ザ・ドア(踏み込み法)」と言います。

相手の心のドアを少しでも開けてしまえば、そのまま足をこじ入れて、さらにこじあけていくというテクニックです。

 

ホストクラブなんかでは、お客さんに最初はやすいボトルを入れさせます。そして、徐々に高いボトルへと要求を高くしていったりしいます。

いきなり、高級時計がほしいなんて、言っても引かれてしまうだけですよね。

 

5000円くらいのボトルならいいかな。その軽い気持ちで相手の作戦に引っかかってしまったら最後です。

これはもう、ドアの隙間に足をしっかりと突っ込んでいる状態で、ここから、さまざまな要求をしてくるのです。

一度飲んでしまったら最後なのです。

 

マサチューセッツ大学のクリス・アレン准教授が行なった実権でこれを実証しているものがあります。

 

まず、最初に「買い物についての質問に答えてくれますか?」と申し出て、承諾してくれた人に対して「つきましては、質問用紙をご自宅にお送りしてよろしいでしょうか?」と第2のお願いをするというものです。

この場合の承諾率は、67.3%と高かったのに対して、最初からいきなり「質問用紙をご自宅にお送りしてよろしいでしょうか?」と聞いた時の承諾率は22.2%と極めて低かったのです。

 

いきなり「募金をお願いします」と言われても、多くの人はそのまま通り過ぎます。

しかし、最初に「署名だけでも」という低いハードルを与えられれば、多くの人がそれをクリアして、次に「募金」という第2のハードルまでも乗り越えてしまうのです。

 

まとめ

最初は「ちいさな要求」でも、徐々に「大きな要求」を出す作戦。一度承諾してしまうと、もう断れなくなってしまう。

 

4.イーブン・ア・ペニー

https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2014/11/0159.jpg

この作戦も古典的な心理学の手法です。

こちらが要求するのではなく、あくまでも相手の自発的な行動を促すという点で面白い手法と言えます。

 

この「イーブン・ア・ペニー」作戦は、低いハードルをさらに徹底的に低くすることで、相手から自発的な譲歩を引き出そうとするものです。

 

「イーブン・ア・ペニー」を直訳すると、「ほんの1ペニー(1円)でいいから」という意味になります。

 

たとえば、駅前でボランティアの人から、「募金のおご協力をお願いします」と声をかけられても、比較的に楽に断ることができるでしょう。

 

しかし、その人が「10円だけ、1円でも結構ですので募金をお願いします」とすがってきたら、なんとなく断りずらくないですか?

 

しかも、こういったお願いをされた場合、1円でも10円でもなく、100円単位での募金をしてしまうのです。

 

「どうせなら」と自発的に額を釣り上げてしまうのです。

 

なので、人に頼み事をするときには、まず「〇〇だけでいいから」という形で要求をしてみましょう。

思い切って、ハードルを下げることで、相手の自発譲歩を促すのです。

 

しかも、こうして取り付けた協力は、あくまで相手の自発的な行動であるため、恨まれることも少ないのです。

逆に相手は自尊心をくすぐられて得意げになってしまうのです。

 

まとめ

徹底的にハードルを下げて、相手からの自発的な譲歩を引き出してみよう!

 

参考・引用

図解一瞬で人を操る心理法則 [ 内藤誼人 ]

価格:1,028円
(2018/3/1 06:59時点)
感想(0件)

 

今回はここまでです。

心理学のテクニックで少しでもあなたの人生が豊かになれれば思っています。

次回また知って得する心理学の情報を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今回もここまで読んだくださり、ありがとうございます。

良かったら、読者登録をお願いします。 

 

前回の記事

kmdfd483.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心理学に関する本

「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック (日経ビジネス人文庫) [ ジェシー・S・ニーレンバーグ ]

価格:842円
(2018/2/24 17:45時点)
感想(0件)

ハーバードの心理学講義自分の価値を最大にする【電子書籍】[ ブライアン・R・リトル ]

価格:1,382円
(2018/2/24 17:46時点)
感想(0件)