だいたいの人間関係が解決できるブログ

職場・恋愛・プライベートの人間関係で役立つような心理学の情報などを発信していきます。

やる気が続かない理由

「やる気」の画像検索結果

 

みなさん、こんばんは

 

今日も仕事でお疲れという方も多いのではないでしょうか。

 

みなさん、今年も早いものであと2ヶ月ほどで新年を迎えようとしています。

 

新しい年になると「今年こそは!」と毎年のように抱負を掲げているのではないでしょうか。

 

でも、短ければ数日、長くても1ヶ月ほどで「もうだめだ」という状況になってしまう方も多いでしょう。

 

なぜ、こんなにもも人間のやる気は続かないのでしょうか。

 

やる気はどのように生まれて。どのように消えていくのでしょうか。

 

 

報酬でやる気は変わる

「ストップウォッチを5秒ちょうどで止める」

これを1人で30分繰り返してもらうという単純なチャレンジを報酬ありと無しの2組で行う実験がされたことがあります。

 

報酬ありグループは1回成功するごとに100円もらえます。

 

このような実験を行うと報酬ありと報酬無しのグループでは集中力に大きな差が生まれてしまいました。

 

報酬無しグループは最初はゲームを楽しんでいたものの5分ほどで飽きてしまい、退屈のあまり眠たくなってしまった男性や、チャレンジを辞めてしまう人まで出てきてしまう始末です。

 

一方、報酬ありのグループは真剣そのもの。指を使ってカウントする人、30分間ストップウォッチを持ち帰ることなく押し続ける人、頭の位置がほとんど動かないほど集中する人などと終始集中力を保っていました。

 

両グループではチャレンジ回数にも違いが出ました。

報酬無しグループは平均175回に対して報酬ありグループは235回と回数だけもみてもやる気の違いがはっきりしています。

 

脳の活動にも違いが

脳はどのような反応を示していたのでしょうか。

2つのグループを比べてみると、報酬ありの方が、脳の前方のより広い範囲で活動が活発になっていたのです。

 

特に線条体をいう依存や快楽と関係のある部位が活発に活動を 

していたと報告されています。

 

線条体は特定の行動や課題にどれだけの価値があるのかを判断しているという説もあり、この線条体で報酬を予測することがやる気につながっていると考えられているのです。

 

報酬によるやる気には問題点も

報酬を餌にして生まれたやる気には、実は問題があることもわかってきています。

先ほどの実験を今度はどちらのチームも報酬無しという同じ条件で行なってみました。

 

すると、もともと報酬のなかったグループの結果には大きな差は見られなかったが、報酬ありから無しになったグループではやる気に大きな違いをみることができました。

 

全くと言っていいほど線条体の反応がなくなり、やる気がすっかりなくなってしまったのです。

 

報酬を期待してしまったやる気は、報酬がなくなると消えるだけでなく、もともとあった小さなやる気さえ奪われてしまったのです。

これを「土台を削り取る」という意味で「アンダーマインニング」効果と呼びます。

 

よくある例でも気をつけなければならない。

子供にテストで100点を取ったらゲームを買ってあげる。と約束をして頑張らせても、次のテストでもご褒美を出さないと、もともとあった小さなやる気までも消えてしまい、前よりも勉強しなくなってしまうということもできるのです。

 

報酬を与えて生まれたやる気は強く人を動かす一方で、報酬を与え続けないと維持するのが難しくなるのです。

 

報酬による一時的なやる気をよりは、小さくても自発的なやる気の方が持続するのです。

 

やる気を出させるために

やる気を出させる良い方法は、褒めること。当たり前のよだが、これが脳科学的にも、効果があることがわかっています。

 

褒められた時の脳の反応と、お金をもらえる時の脳の反応、2つの画像を重ね合わせてみると、同じ部分が反応しているのがわかります。

褒められることを脳が報酬として捉えているのです。

 

また、やる気は自分が選んでやっているというという感覚も大事なのです。

 

人にやれと言われるよりも、自分で面白いからやってみると思わせた時に本当のやる気が起こるのです。

大事なのは、仕事なら結果ではなくて、仕事そのものに価値を見出したり、勉強で点数を取るよりも学ぶことに楽しさを見つけることです。

そうすれば、安定したやる気を持続できる可能性が高いのです。

 

まとめ

・一時的なやる気でよければ報酬を用意する。

・報酬によるやる気はもともとのやる気を奪ってしまう可能性がある。

・やる気を出させるためには褒めること。

・自分で選んだ意識を持たせるとやる気になる。

・結果よりも過程を大切に。

 

他にもやる気を出る方法などがいくつかあるので最後に簡単にいくつか紹介したいと思います。

やる気の出る方法

 

・場所を変える

・騒音をシャットアウトする

・部屋を掃除する

・部屋着に着替えない

・部屋の温度を少し低めに設定する

・まずは、取り掛かる

・分かることから取り掛かる

・時間を目標にしない

・読むより書くを多めに

・わからないところを特定する

 

参考

benesse.jp

やる気が出ないがない。でも、出したいそんな時はぜひ、試して見てください。

やる気を出して毎日を楽しくハッピーに過ごしたいですね。

 

やる気のある人

 

やる気に関する動画

www.youtube.com

www.youtube.com

 やる気に関するオススメの本

仕事と勉強に効く 「やる気」が出る心理学モチベーション・セラピー【電子書籍】[ 中越裕史 ]

価格:1,101円
(2017/10/26 22:23時点)
感想(0件)

自分を操る超集中力【電子書籍】[ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2017/10/26 22:24時点)
感想(2件)

世界のエリートがやっている最高の休息法 脳科学×瞑想で集中力が高まる [ 久賀谷亮 ]

価格:1,620円
(2017/10/26 22:24時点)
感想(26件)