僕らの憂鬱で素敵な時間

基本的に書きたいことを書くブログ。趣味の映画や株式投資、気になったニュースなんかについて書いていきたいと思います。

日経平均の動向予想(2017/7/31〜8/4)

 来週(31日~8月4日)の東京株式市場は、4~6月期の決算発表が佳境を迎えるなか、好業績銘柄を個別に買い進む動きが活発化しそうです。外国為替市場で極端な円高・ドル安進行とならない限り、業績良好な銘柄への買いエネルギーが全体相場を牽引し、底堅い推移となりそうです。

日経平均株価の想定レンジは、1万9700~2万400円。

 4~6月期決算のここまでの内容は、市場予想に比べてプラス面のサプライズの方がやや多く、買い進まれる銘柄の方が多いとの感触を持っており、業績上方修正で日経平均株価の1株利益が増加し、PERがさらに低下すると投資家の買い安心感が増してくるとの見方が出ています。

 懸念材料としては、米株式市場でハイテク株が軟調な推移となっていることに加え、来週発表される米経済指標で、景気に減速感が出て米長期金利が低下し、外国為替市場で円高・ドル安が進行することです。

 日程面では、6月の鉱工業生産指数(31日)、7月の自動車販売台数、東芝<6502.T>東証2部に指定替え(1日)、7月のマネタリーベース、7月の消費動向調査(2日)、安倍内閣改造・自民党役員人事(3日)、6月の毎月勤労統計調査(4日)に注目です。