僕らの憂鬱で素敵な時間

基本的に書きたいことを書くブログ。趣味の映画や株式投資、気になったニュースなんかについて書いていきたいと思います。

日経平均株価の動向(2017/7/26)

みなさん、おはようございます。

 

昨日の日経平均はどうだったのでしょうか。

f:id:kmdfd483:20170727073742p:plain

 今日(26日)の東京株式市場は、終始買い優勢の展開で日経平均株価は3日ぶりに2万円台を回復しました。

ただ、寄り付きの買いの勢いは続かず、上値も重くなり徐々に上昇幅を縮小する推移となった。日経平均株価終値は、前日比94円96銭高の2万50円16銭と4日ぶり反発しました。

東証1部の売買代金は、2兆1965億円と4日ぶりに2兆円を上回りました。

 

 日本時間昨夜のFOMC声明文発表後に、外国為替市場で円高圧力が強まる可能性は否定できないものの、2週間前の1ドル=114台前半から、24日の1ドル=110円台後半まで円高・ドル安が進行するなかで、今回のFOMCの内容はかなり織り込まれた可能性が高い。

したがって、ここから大幅な円高・ドル安進行は想定し難い。ただ半面で、逆にある程度円安・ドル高に振れたとしても、それだけでは大きな買いインパクトにはなりそうもないとの見方が出ていました。

 

 今日(27日)の東京株式市場では、当面の不透明要因だった米連邦公開市場委員会(FOMC)が通過することで、売買の自由度が回復し好決算発表銘柄を中心に買い優勢の展開となりそうです。

 日程面では、全国知事会議、4~6月期のロボット出荷統計に注目。海外では、米6月の耐久財受注、米6月のシカゴ連銀全米活動指数、韓国4~6月期GDPが焦点となりそうです。

 

参考

minkabu.jp

 

今回も読んでくださってありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。

 

 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村