僕らの憂鬱で素敵な時間

基本的に書きたいことを書くブログ。趣味の映画や株式投資、気になったニュースなんかについて書いていきたいと思います。

日経平均の動向(2017/7/24)

みなさん、おはようございます。

 

早速ですが、昨日の株価はどうだったのでしょうか。

f:id:kmdfd483:20170724224819p:plain

 本日、週明け24日の東京株式市場は終始売り優勢となり、日経平均株価は4日ぶりに2万円台を割り込みました。一時1万9900円割れ寸前まで値を下げましたが、大引けはやや下げ渋りました。

日経平均株価終値は、前週末比124円08銭安の1万9975円67銭と続落しました。 

 

 きょうの東証1部の売買代金は、1兆9163億円と連日で2兆円を下回り、市場エネルギーの衰退が際立っています。3営業日ぶりに25日移動平均線(2万94円80銭=24日)を下回ったことで、投資家心理は弱気に傾きつつあります。

 ただ一方で、東証1部小型株指数、東証2部指数、ジャスダック平均株価が、前週末比でプラス引けとなっており、中小型株への物色意欲の強さを物語っているとの見方が出ていました。

 

 明日(25日)の東京株式市場は、外国為替市場の円相場を注視しながらの神経質な推移となりそうです。円相場が1ドル=110円台後半に上昇してきたことで、輸出関連企業の採算悪化懸念が台頭しており、決算発表で好内容の銘柄に対しても買い手控え姿勢が強まりそうです。

 

 今週の日程面では、日銀金融政策決定会合議事要旨(6月15~16日開催分)に注目。海外では、米連邦公開市場委員会(FOMC、26日まで)、米7月のCB消費者信頼感指数が焦点となります。

 

参考

minkabu.jp

 

 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村