かみさの20代からの株式投資

個人の株式投資記録、投資やお得情報に関する知識、その他気になったニュースなど書いていきます。

日経平均の動向(2017/7/21)

みなさん、こんにちは

 

やっと今週も終わりましたね。

今週の日経平均は最終日どうだったのでしょうか。

f:id:kmdfd483:20170722123222p:plain

今週の終値は20099.75円。

前日比で44.84円のマイナスでした。

 

 21日の東京株式市場は、前日の反動で利益確定の売りに押されました。為替が円高に振れるなか、週末ということもあって持ち高を減らす動きが優勢となりました。

 

 買い手控え感が強く全体の商いも低調でした。前日の米国株市場ではナスダック指数が2年5カ月ぶりとなる10連騰を記録して最高値圏を走るものの、NYダウは反落するなど上値の重さも意識されました。

ECB理事会では金融緩和策の現状維持を決定、ドラギ総裁の記者会見も金融引き締めに消極的なスタンスとの見方が強く、為替市場では1ドル=111円台後半で円が強含み、主力株中心に見送られました。

ただ、半導体周辺や機械セクターなど設備投資関連の一角が買われ、全体相場を支えました。来週から本格化する国内企業の四半期決算発表を前に、好業績が期待される銘柄を個別に物色する動きもみられました。東証1部の売買代金は売買活況の目安とされる2兆円を下回ってしまいました。

 

 個別では、安川電機<6506.T>が物色人気を集め大幅高に買われたほか、ファナック<6954.T>、SMC<6273.T>なども上昇した。出光興産<5019.T>が反発、山一電機<6941.T>が値を飛ばし、ゲンキー<2772.T>は一時ストップ高に買われた。シンフォニアテクノロジー<6507.T>東京都競馬<9672.T>なども大きく値を上げました。東芝<6502.T>も堅調、西華産業<8061.T>、サンケン電気<6707.T>なども高かった。

 半面、トヨタ自動車<7203.T>が冴えず、TDK<6762.T>も値を下げました。三菱ガス化学<4182.T>東邦亜鉛<5707.T>が下落したほか、ブロードリーフ<3673.T>も安く、モバイルファクトリー<3912.T>は大幅安となった。エイチ・アイ・エス<9603.T>が売られ、パーソルホールディングス<2181.T>、安永<7271.T>アダストリア<2685.T>なども下落しました。

 

参考

minkabu.jp

 

今週は、いつもとは違う入り方をして横ばいキープといった感じでしたね。

 

来週もがっぽり稼げるように頑張りましょう。

 

今回もここまで読んでくださってありがとうございます。

次回もまた読んでください。

 

 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村