読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資初心者のかみさまが100万円を目指すブログ!

投資初心者のかみさまが100万円を目指すブログです。株式投資、FX、経済、政治、お得情報に興味ある方は必見。

株式投資 勝てる時間帯⁉︎

みなさん、こんにちは

 

株の取引はいつでもできるわけではありません。

日本の市場だけで言えば、平日の朝9時〜15時までが取引時間になります。

ただ、ネット証券などを使えば、時間外でも注文を行うことは可能です。

 

株式投資は、長期でやって入り人もいれば、短期でやっているデイトレーダーのような人もいます。

デイトレーダーの人たちってどんなイメージがありますか?

複数のディスプレイを用意して、四六時中モニターに釘付けになりながらトレードをしている。そんな、イメージを持っている人も多いのではないのでしょうか。

しかし、多くの人たちは会社に所属し、ちょうど取引の時間帯という人も多いのではないでしょうか。

 

いつも、株価をチェックしているわけには行けません。

少し休憩は取れるから、取引に有利な時間帯に休憩を取ることができればと思いますよね。

実は株取引には最適の売買時間があるのです。

 

東証で取引をできる時間帯は

前場」平日の9時から11時半

後場」午後12時半から15時まで

の2つに分かれています。

この時間帯の中に値動きが活発化するタイミング、安定化するタイミングが存在するのです。

 

それを今回は紹介していこうと思います。

 

【〜9時 気配値】

株価を買いたい人・売りたい人が希望する値段のこと。「いくらあれば、どれだけ売ろうか」という需要と供給の判断がしやすいため、注文出す時の参考になる値。

 

ポイント:この時間帯は初心者には参考になりません。

前日の相場がよかったからといって翌日も同じとは限りません。実際は寄り付きでは参考にならないことが多く初心者には関係ありません。

 

【9時 寄り付き】

毎日9時に売買がスタート。そこで初めてついた取引、または価格のことを寄り付きと言います。

価格の決定は「板寄せ方式」というルールで決まります。

ここからの30分は1日のうちで、最も取引が多いのが特徴です。

 

ポイント:ここで下がってもうるのはNG

株価の乱高下が激しい時間帯。保有銘柄の株価が大きく上下しても、この時間帯だけでは判断するのは危険です。

 

【9時30分 加熱相場の一服】

通常相場は変動を繰り返しましますが、一時的に相場が休止状態になることがあります。これを一服と言います。

買いが強い状態での一服を「上げ一服」、反対に売りが強い一服を「売り一服」と言います。

 

ポイント:何がなんでも板情報をチェックしよう

一般的に、9時の市場のオープンから相場は鉄火場。そして、約30分を間を経て一服します。9時30分には自分が時保有する銘柄の動きを冷静に確認する絶好の機会と言えます。

 

【11時30分 前引け】

前場の最後に行われる売買を前引けと言います。取引できない昼休み中に起こりうる可能性のあるリスクを嫌う投資家も多く、利益を確定させておくことも有効であると言えます。

 

【12時30分 後場寄り付き】

昼休み後、12時30分から午後の取引が開始されます。その後場の最初の取引でついた株価のこと。寄り付きという場合は前場の寄り付きを指すことが一般的。後場の場合は、後場寄りと呼ばれることもあります。

 

【14時30分 加熱相場再び】

一般的に、9時の市場オープンから相場は加熱を始めて、一服を経て休憩に入ります。その後、比較的落ち着いた状態で後場がスタートします。しかし、、市場がクローズする30分前ほどから再熱が始まります。

 

【15時 大引け

 前場後場の最後の取引を引けといい、大引は一日の取引の終了時刻における取引のことを言います。また、大引けで付けた値を引け値または、終値と言います。

 

ぜひ参考にして、株取引に活用してください。

 

 

○今回参考にした本は

>株大全

価格:950円
(2017/3/8 22:08時点)
感想(0件)

 

今回はここまで!

株ブログブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株式投資情報ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株初心者本人ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

○初心者の勉強に

株の超入門書改訂版 [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(5件)

 

株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方) [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(0件)

ぜひ、勉強に使ってみてください。