かみさの20代からの株式投資

個人の株式投資記録、投資やお得情報に関する知識、その他気になったニュースなど書いていきます。

安い株ってなんで安いの?

株をやり始めて思うことがあります。

 

株価ってなんでこんなに値段の差があるのだろうか?

安い株は一株あたり数十円〜数万円までと値段にかなりの幅があります。

 

値段の安い株を、特に「低位株」と言います。

しかし、◯◯円以下という厳密な基準はなく、一般的には500円以下などで区分される株を言います。

これに対して数千円〜1万円以上の株を「値がさ株」と言います。

 

低位株はその株が持つ価値に比べて割安になっているというという意味ではなく、単に安い価格という意味なので中止しなければいけません。

 

安い価格には安いなりの理由があります。

例えば、業績が思わしくないなどです。

 

それでも、デイトレーダーなどの個人投資家には好まれる傾向があります。

というのも、少しの値動きでも、変動率が高いからです。

 

例えば、株価が1000円の銘柄が10円上昇しても上昇率は1%ですが、株価100円の銘柄が10円上昇したら、10%の上昇率になります。

 

株価が1000円の銘柄が2000円に値上がりするのは難しく、株価が100円の銘柄が200円に値上がりする方が簡単に思えますが、株価が安いということは、業績が悪くさらに下落する可能性も高いということです。

その中でも特に100円以下の株価の会社は倒産候補といっても過言でもありません。

 

しかし、中には破綻した会社の株で大儲けを狙う投資家もいます。

破綻企業の株式は、監理ポスト整理ポストへ入れられ、やがて上場廃止になります。

最後は株価一円になりますが、それでも大博打に出る個人投資家も出てきます。

 

2003年に足利銀行が破綻し、親会社のあしぎんFGは管理ポストに入りました。

そこでマネーゲームが繰り広げられて一円の株価が24円という高値をつけました。

 

この時に、数千万円を稼いだ投資家もいたようなのですが、多くの投資家が損失を抱えてしまいました。

 

この話の結末は、株価は一円に戻って、上場廃止になったとのことです。

 

低位株ランキングサイト

低位株 一覧 ランキング 【株ドラゴン】

 

kabureal.net

低位株を推奨しているサイトもあります。

masterwk.com

 

最近は低位株をメインとした投資方の本なんかも本屋でよく見かけますね。 

>低位株待ち伏せ投資 [ 吉川 英一 ]

価格:1,512円
(2017/3/4 11:56時点)
感想(2件)

>個人投資家が勝てる低位株投資 [ 藤本壱 ]

価格:1,512円
(2017/3/4 11:57時点)
感想(0件)

>信用・デイトレも必要なし 低位株で株倍々!【電子書籍】[ 吉川英一 ]

価格:1,393円
(2017/3/4 11:57時点)
感想(0件)

他にもまだありますが、ご参考までに!

 

今回はここまで!

株ブログブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株式投資情報ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株初心者本人ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

○今回も参考にしたのは

株の超入門書改訂版 [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(5件)

 

株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方) [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(0件)

ぜひ、勉強に使ってみてください。