僕らの憂鬱で素敵な時間

基本的に書きたいことを書くブログ。趣味の映画や株式投資、気になったニュースなんかについて書いていきたいと思います。

株を株を買う目的

みなさん、こんにちは!

 

ここまで基本的な知識(ファンダメンタル分析テクニカル分析)について書いてきましたが、ここからはさらにという意味で+αのテクニックについて紹介しようと思います。

 

もちろんテクニックは大切です。ですが株取り引きは人が行うことです。自分の予想を超えた下落なんかにも出会い、心乱されるかもしれません。

その際にヤバい!と思い、株を手放したら次の日には前日と同じ価格に戻るということもあったりもします。

メンタルがしっかりしてないと相場の動きに踊らされていつまでたってもなかなか利益を出せんばいものです。

 

そこで今回は株を買う目的をはっきりさせておくことが大切なのです。

多くの投資家は、株の売買で利益を上げることを目的にしています。

利益を上げるには値上がり益、配当、そして株主優待がその方法になります。

 

株の売買の目的がはっきりすれば、投資スタイルも明確になってきます。

株といえばただ買って売るとイメージされがちですが、損せず賢く儲けるために明確なスタンスを取る必要があります。

 

株って英語でなんていうか知ってますか?

Investment投資   Trading取り引き   Speculation投機といったように異なる意味合いで表現されます。

それぞれでもちろんスタンスも変わってくるのです。

 

投資ならば、会社の成長性を見極めて目先の株価の上下より、会社の将来価値を買うことになります。毎日の株価の上げ下げにいちいち班のせずに長い目で見て上がるのをひたすら待つということですね。

 

投機なら短期的な売り買いになります。ファンダメンタル分析よりも素早く受給の変化を読んで目当ての株が割安か割高かを見極めることが基本となります。

投機的な取引にはデイトレードがあります。

デイトレードの場合、ファンダメンタルズ分析にとらわれることはありません。

もちろん、銘柄選びや売買のタイミングを計るツールも長期投資とは違ってくるのです。

チャートを主に使い、そのチャートもローソク足なら15分足、60分足のような短期線となります。

チャートやローソク足の味方については下に貼り付けておくので見てください!

kmdfd483.hatenablog.com

 

投資と投機のどちらが良いとは一概に言えません。ただ、投機目的で株を買って、短期保有のつもりが損が膨らんだことで、売ろうにも売れずに長く保有し、塩漬け状態になるケースもあります。

自分の投資スタイルさえしっかりしていれば、損失を広げることなく損きりできるはずなのです。

 

今回はここまで!

株ブログブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株式投資情報ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株初心者本人ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

○今回も参考にしたのは

株の超入門書改訂版 [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(5件)


株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方) [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(0件)


ぜひ、勉強に使ってみてください。