かみさの20代からの株式投資

個人の株式投資記録、投資やお得情報に関する知識、その他気になったニュースなど書いていきます。

株価の見極め方!トレンドライン

みなさん、こんにちわ

かみさまです!

最近、ものすごく寒くなってきましたね、、、、
早朝と夜風が痛くないですか?
早く春が来ることを願いたいものです。

さてさて、本題に入りましょう!
前回はローソク足を用いた予測の方法をご紹介してきました。
もちろん、ローソク足で目先の動きを探ることも大切ですが、相場の大きな流れ、トレンドをつかむことも大切です。
株価は刻一刻と動いており、小刻みに上げ下げを繰り返しています。
この小さな動きの他にもトレンドという大きな流れがあります。上昇しているなら、上昇トレンド。下落しているのであれば下落トレンド、値動きが一進一退なら横ばいトレンドで表されます。

トレンドがわかれば、買い時・売り時がわかります。
トレンドの求め方は次のように自分でラインを引きます。

スクリーンショット 2017-01-09 15.09.01.png

上がっている方が上昇トレンド。下がっている方が下降トレンドになります。

スクリーンショット 2017-01-09 15.08.55.png


そしてこれが、横ばいトレンドと言います。

株価は小さな山と谷を形作りながら動いていますが、上昇トレンドなら小さな谷と谷を結んで線を引きます。右肩上がりの線が引けますが、これが上昇トレンドライン。特に下値支持線と言います。上昇している株価が下落し、この下値支持線あたりに来ると反転上昇しがちです。
反対に、下落トレンドなら山と山を結びます。この右肩下がりの線が上値抵抗線です。株価が一時的に上昇しても、この上値抵抗線あたりの価格で下落に転じることが多いと言えます。
トレンドラインを見つけられれば、上げ下げしている相場の谷で買って山で売ることもできます。

株価は必ずと言っていいほど、上がったり下がったりと上昇トレンドと下落トレンドを繰り返します。
その瞬間を見逃さないことも重要です!

このトレンドの転換ポイントを見極めることができれば、そこが絶好の買いのチャンスとなり、大きな利益を上げることができます。

トレンド転換が明確にわかるのが、株価がトレンドラインを突き破った時です。つまり、上昇トレンドから下落トレンドに転換するときは、株価が下値支持線を下に突き破った時がトレンドの転換期になります。
下落トレンドから上昇トレンドに転換するときは、株価が上値抵抗線を突き破った時がサインになります。


上昇トレンドに転じた時をブレイクアップ、下落トレンドに転じた時をブレイクダウンと言います。
ブレイクアップした後は、それまでの上値抵抗線が下値支持線に、ブレイクダウンしたときはそれまでの下値支持線が上値抵抗線にそれぞれ変わります。
特に横ばいトレンドからの転換は、買いのチャンスになります。

トレンドを見極めて、買いのタイミングがわかるようになりましょう。

今回はここまで!

ではっ!

株ブログブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株式投資情報ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株初心者本人ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

○今回も参考にしたのは

株の超入門書改訂版 [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(5件)


株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方) [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(0件)


ぜひ、勉強に使ってみてください。