僕らの憂鬱で素敵な時間

基本的に書きたいことを書くブログ。趣味の映画や株式投資、気になったニュースなんかについて書いていきたいと思います。

ローソク足の上昇、下落シグナルのまとめ②

みなさん、こんにちは

かみさまです!

チャートを見ていてもこれから上がるのか下がるのかなんてよくわかりませんよね。
少しでもヒントがあればいいのに、、、

実は、あるんです。
ローソク足の形を見るとこの先、上昇するのか、はたまた下落するのかのヒントになっているのです。

今回はローソク足の上昇下落のシグナルパート②ということで前回に引き続き
ローソク足の上昇、下落のシグナルを紹介していこうと思います。

スクリーンショット 2017-01-05 18.42.33.png

①陰の丸坊主
株価が下落まっしぐらと非常に弱気な相場の時に現れます。
上昇中に現れると下落に転換し、下落中であるとさらに下落することが多い。

②陰の大引け坊主
始値よりも少し上昇するが、売りの勢いが強く、終値が大きく下落した形。陰の丸坊主に次ぐ弱気な相場の表れ。

③陰の寄り付き坊主
始値から大幅に下落するが、終値が最安値から上昇して弾ける形。弱気の
相場ではありますが、上昇する可能性もあります。

④下影陰線
株価が大幅に下がりますが、やや持ち直した形。底値の現れると上昇のきっかけとも取ることができます。

⑤陰のカラカサ
上昇相場なら下落へ、下落相場ならば上昇へといった相場の転換期に現れることが多いシグナル。

⑥上影陰線
株価が大きく上昇しますが、最終的には始値よりも安く終値が引けた形。弱音の相場の意味を表して下落を暗示します。

⑦陰のコマ
株価が今後上がるのか下がるのかを迷っている気迷いの相場を表します。次のローソクが上昇か下落かの鍵を握る。

⑧陰のトンカチ
株価が大きく上昇しますが、終値が最終的には始値よりも少し安く引ける形。下落相場の底値あたりで現れると上昇する可能性があります。

ローソク足の上昇下落のシグナルということで、2回に分けて紹介してきました。
もちろん、いくつかのローソク足を組み合わせることでわかるシグナルもあります。
そこらへんは、また後日ご紹介したいと思います。

前回と今回で紹介したシグナルを活用して少しでも株価の先を予測できるようになればと思います。

それでは、今回はここまで。

ではっ!

株ブログブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株式投資情報ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

株初心者本人ブログランキング参加用リンク一覧



○今回も参考にしたのは

株の超入門書改訂版 [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(5件)


株の超入門書(銘柄選びと売買の見極め方) [ 安恒理 ]

価格:1,404円
(2016/12/29 10:49時点)
感想(0件)

ぜひ、勉強に使ってみてください。